タグ:魚 ( 3 ) タグの人気記事

海豆の季節だそうです

4月5日
b0099010_7143244.jpg
空き缶のように見える白い容器はドラム缶ほどの大きさです。

ガルフ湾にモダマやハンバーガー豆が多くやってくるのは3月から5月だそうです。春先に吹く南からの突風が運んでくるという事らしい。って事は海に漂うアサガオ貝が見つかるチャンスも同じ頃なのでしょう。
南からの強風が吹く翌日が週末に当たる事はなく、この日も結構寒かった。風は北からだしね。
b0099010_716036.jpg
本では見た事のあったこの骨。キリスト様が十字架にかけられているようですね。Hardhead Catfish(直訳すると石頭のナマズ)という海水に棲むナマズの頭の骨です。あまり美味しくないとか、汚染が進んでいるので食べない方が良い、という事ですが、この骨はバーベキューにして食べたゴミを海に捨てた物の模様。拾ってみたら、焼き魚のような匂い。そしてビーチには、釣さおを立て、BBQグリルの横にテントが立ってたよ。
b0099010_7252274.jpg
海岸でみた珍しい物といったら、このおじさんと骨だけ、それからゴミの吹き溜まりのような所でハンバーガー豆を1つ。
[PR]
by NotsuOh | 2009-04-17 07:09

ウキウキ

サーファーさながら、毎日何度も風の向きと強さ、波の高さなど、チェック入れてます。
ですが、来る日も来る日も、ワクワクするような情報は無く、穏やかな海風が吹いているだけ。波の高さ予想ときたら、たったの15センチ。これでは何も打ち寄せないわけですね。夏はそんなもんなのでしょう。
b0099010_9425663.jpg
でまぁ不調だった週でしたが、パッチリと目が醒めたので、海へ行ってみました。
朝9時、いつもの浜は人もまばら。千切れ雲が太陽光を時々遮り、体力回復目的の散歩には丁度好かったです。

魚が多いのか、伺うように上空を飛ぶたくさんの鳥、飛び跳ねた魚がキラリと光ります。そして、胸まで浸かって釣をする体重オーバーのオジサマがた。

さて、こんな日に浜にたくさん転がっているのはこんな物。
b0099010_9534571.jpg
ゴミ箱に捨てました。針の部分がちぎれた、銀ラメ入り、カラフル・デロデロタイプの釣用浮きがいくつも落ちてました。
b0099010_1032535.jpg
BCを意識して初めて見つけた浮き。水分が多いタイプのフォームだったか、随分脱水しちゃってます。

ここまでのところ、小躍りするような発見無しですが、帰りが大変になるのでユーターン。
すると、
b0099010_10562197.jpg
夏の間はもう会えないだろう、と思っていた海豆(Hamburger Bean,Mucuna urens) をみつけました。
たった今漂着したよう。
「カショウクズマメ(火焼葛豆)」が日本名だそうです。この近くにシー・ココナッツと桃かアーモンドと思われる種も発見。どれにもエボシ貝が着いていないので、結構近くから数日で到着したのかも知れません。

さて、先週、このガルベストン辺りで捕れる魚の安全性について、警告がありました。スポティッド・トラウト(鱒の仲間)とベイ・キャットフィッシュの2種には水銀、ダイオキシンの汚染が見られ、一定以上食べないほうが良いとの事。

そのせいなのか、(生き物出てきます。)
[PR]
by NotsuOh | 2008-07-21 09:48 | 海岸歩き系

坊主です。

アメリカの誕生日(独立記念日)で、3連休の週末です。

XLが「明日早く起きられたら海へ行こう」と珍しい事を言うので3連休どこも連れて行ってくれなかったと、文句を言われるのが嫌なので、義務は先に果たそうという魂胆ですが、ありがたく、行って来ました。

今週は壊れた目覚ましのお陰で、寝不足の日々。早起きといっても、海に着いたのは10時過ぎ。いつもの西の浜へは出口渋滞で断念。

東の浜、Apfel Parkへ先に行く事にしました。
b0099010_2492635.jpg
綺麗に並んだパラソルと椅子は誰でも借りられます。ウチはいつも持参ケチケチなので、レンタル料の相場は不明。
b0099010_353421.jpg
フジツボ。身が入っていれば食べてみたいですが、廃墟。乾燥すると色もイマイチなので持ち帰らず。

あがったばかりの海草が目につき、多少期待して1時間半歩いたけど、ゴミも無い。砂丘近くに掘り出し物がないかとポイントをずらしてみたけど、今日は坊主でした。
b0099010_37286.jpg
Sea purslane。日本名はミルスベリヒユだそうです。
b0099010_3111618.jpg
Beach Morning Gloryはアサガオやヒルガオのお仲間でしょうか。
b0099010_3153191.jpg
この手の黄色い花は種類が多く、なんだかわかりませんが、菊のような真ん中が黄色い花を「デイジー」と呼びますね。

ビーチが見渡せるレストランでお昼を食べていたら、西から黒い雲がやってきて風が吹き始めました。
次々と飛ばされるパラソル。その一つが走っていたピックアップ・トラックに激突。
ぱらぱらと退散する人々。
道路から立ち上る霧のような砂。たった10分の間に風景が激変。
小一時間ほど風雨の中の浜をXLに「本気か?!狂っている」と呆れられながら歩きました。

「おおぉ、これは!古いコイン?!」と思って持ち帰ったものは、洗ってみると変色した2004年のクオーター(25セント硬貨)で残念。
夕方まで居たかったけど、渋滞が酷くなるので退散。。。

私が欲しいようなものは見つからなかったけど、駐車場代の元が取れました(ニッコリ)。一回$8ドル。シーズンパスが$25ドルだったのです。

生き物(生きていた物)はコチラです。
[PR]
by NotsuOh | 2008-07-04 02:34 | 海岸歩き系