タグ:ピアノ ( 7 ) タグの人気記事

2009年、春のピアノ発表会

もう何回目の発表会なのか、分らなくなってしまった(笑)。
b0099010_13284864.jpg
昨年10月に帰国されたのに、いまもお花を贈ってくれるヒロx2ご夫妻。
b0099010_1337281.jpg
     本番前のロリと先生のリハーサル。

今回も最後の最後まで、完璧に弾けたことが無いまま、当日を迎えました。
2曲目は、自ら選らんだGod Fatherのエンディング曲をシンプルにアレンジしたもの。シンプリファイドと楽譜に書いてるものの、一小節毎に左手のコードが微妙に変化し続けるアレンジで、この日が近づくにつれ、自分の選択に後悔。

この年齢になってしまうと、暗譜はかなり難しい。耳では覚えても、それが何の音か分らない。絶対音感があったならと、何度も何度も思ってしまいます。それでもなんとか、思いっきり外さずに済みました。ああ良かったよぉ~。
b0099010_1338476.jpg
     本番のジョー。
彼女の選ぶ曲は、私が弾けるようになったらと願う曲ばかり。今回はバッハのエアーとドビッシーの曲でした。服に合わせたサンダルがペダルには高すぎて、裸足。気取らない彼女のスタイルも大好き。

自分が過去に弾いた曲を他の生徒さんが弾いたものを聞くのも面白い。
他の人が弾くのを聞いて、あぁ、あんなふうに弾けるようになれたらいいなぁと、目標が新たになる。やはり発表会は出ないとねぇ。

明日はピアノを見に行きます。さて自分の思うような音色を出してくれるピアノかな。1年計画しているとはいえ、大きな買い物にちょっとビビっています(笑)。
[PR]
by NotsuOh | 2009-05-23 13:18

とんちんかんな日、とでもいうか。

あほやな、お前!と言われそうな話です。

先日、タロット占いをしてもらいました。今まで運勢を見てもらった事は全く無く、ちょっと聞いてみたかったという好奇心。
待ち合わせた場所は、パネラという、スタバのような喫茶店です。
b0099010_447256.jpg
     「で、二人っきりで?!」

お店が空いていたせいで、店員さんに会話が聞こえているらしく、興味津々なのがわかって面白かった。

店:「ブラウニーどうですか?」と大きなトレイをかかえてやってくる。
も:「タダなの?」
店:「ハイ!」

しばらくして、
店:「パンがいろいろ余ってるんですが、食べます?」と違う人。
占:「閉店時間?」
店:「いえいえ、閉店までにはまだ2時間以上あります。」

ちょっと横道にそれた(笑)。
事の始まりは、私のオーラは複数色で、それは心に壁があり、自己表現が出来なくなっているのが理由と言われ話の続きが聞きたかった。
ブログもそうだけど、絵をやってた時にしても、表現したい事があるのに、うまく表に出せない所にフラストレーションが有り、そんな壁なりバリアが「ぱりっ」と取れないかなぁ、なんて安易な気持ちがあって(笑)。
b0099010_5222189.jpg
     「そんなに簡単なら、世の中芸術家だらけだよ。」

わかってるけど、ピカソの絵なんか人生のバイプロダクトのようで、羨ましい。

占い師は20年のベテランだそうだけど、なんか共感する点ゼロでした。何かが当たっていると信じたいと努力したけど、友達にも「ぜ~んぶハズレじゃぁん!」と言われ、ほんとその通りだ。

b0099010_6131157.jpg
     「無事お帰えりで何より。」
占いの終わりに、このあと数日、どんな夢を見るか注意してごらん、と言われた。
昨晩は会社でピアノの練習をしている夢、その前日は家でピアノを弾いていて音がこもっているなぁと不思議に思う夢、その前日もピアノの夢だった。
この夢判断は私にだって出来る。本業が学校の教員の先生は、長い夏休み中で一時帰国中。予定より滞在が長くなっているけど、すぐ帰ってくる。休みに入る前に二人で6曲を課題に選んだのに、全然練習が進んでないんです。

大人になっても夏休みの終わりはやって来るのね。
[PR]
by NotsuOh | 2008-08-16 04:15 | 食べ物系

愛着

つい最近の心境の変化で、グランド・ピアノが欲しいと思うようになりました。
そう思っていたら、XLの友達が、叔母さんの家財道具を処分しており、その中にベビー・グランドが有るという情報を持ってきてくれ、見せてもらう事になりました。
b0099010_10212590.jpg
前日の晩、XLの「ベビー・グランドが着たら、今のは処分しようね。」との当然の言葉を聞いて、そうねと、ピアノに向ってみたら、手放す難しさをふかぁ~く噛みしめてしまいました。
いつの間にか、ピアノが私の分身になっていたっていうかなぁ。不思議な楽器です。

このピアノとはまだ2年ちょっとの付き合いですが、入手したのが、父を亡くした新しい世界で、どうバランスを取って生きてゆくのか、まだ、わからなかった頃。ピアノの音色に耳を傾けてやり過ごした日々。そして、同じ月に祖父が逝き、3ヵ月後にはシマくま君を亡くして、ピアノに向って悲しみを回避していたような、ピアノに悲しみを聞いてもらっていたような。。。

知人(男)に帰国が決まって、地元の掲示板にピアノを売りに出した時の、「私のピアノを大切に使っていただける方に、、、」という文言に、オイオイって思ったけど、、、今はわかる、その気持ち。

見に行ったベビー・グランドは白鍵がアイボリー素材のアンティーク品。音もアンティークで、どう想像してみても、私の欲しい音にはなりそうになかった。
良かった、っていうか。
b0099010_10371258.jpg
最近、練習の邪魔をしに来るようになったこの猫。いつもは捕まえて降ろすのだけど、今日は一枚。
[PR]
by NotsuOh | 2008-06-28 10:13 | 音楽と美術系

4回目のピアノの発表会 

日曜日の午後、ピアノの発表会がありました。

緊張するし、ハズカシイし、大人のお稽古事に発表会など無くたって、とも思うのですが、やはり、披露するための練習をしないと、自分の腕前をひっぱり上げてやれないようです。前回は一時帰国と重なってしまったので、これは実感。
b0099010_1135296.jpg
なんか左足の位置がヘン?

XLが3枚写真を撮ってくれたのですが余計な事を、どれも目が楽譜しか見てません。
しかも右腕に輪ゴム。。。

緊張の後のお楽しみは、食事!
b0099010_11123810.jpg
ちなみに今回も会場は、先生が教えている生徒さんの御宅。
高級住宅街にある豪邸で、毎日フルタイムでメイドさんが来ているそうです。
別世界じゃぁ~。

レッスンメートのひろしくん夫妻が持って来てくれたお寿司は大人気でした。
b0099010_11114971.jpg


今回は会場となったお宅の近所に住んでいる、ジムとララが来てくれ、この後、彼女達の招待でChildAdvocates主催のパーティーへ行きました。
この団体は、様々の理由で親に恵まれない子供の養子先をさがしたり、親が立ち上がれるように手助けしたり等、子供を救うための活動をしています。
毎年5月のこのパーティーは、目標とする寄付額を一挙に集めるのが主な目的。パーティ券は有料、主な催しはライブ・オークションです。
毎年、子犬が1匹、オークションに出ます。この子は$95,000(一千万円弱)で落札されました。
b0099010_1258381.jpg
お披露目の間、スヤスヤ眠っていました。
b0099010_12544351.jpg
パーティー会場はプロ・フットボール・チーム、テキサンの練習場のドーム。入り口には回転ドアがあるのですが、入る時、耳がキーンとして、気圧の違いを実感します。

サイレント・オークションも有り、こちらは品物、または落札する内容(食事券とホテルの宿泊など)が表示してあり、あらかじめ登録した自分の情報の入ったバーコードを貼って行きます。
b0099010_131669.jpg
良心的な値段から始まるのですが、あっという間に実際の額の倍以上の値段が付いてしまいます。寄付なのだから、好ましい現象ですが。。。

去年はライブ・オークションの「ハンバーガー・パーティー」に4百万円ほどの値段がついて、かなり盛り上がったのですが、今年はアメリカの経済を象徴するかのように、静かなオークションでした。
テーブルに着くと、ほぼ強制的に一口$144の寄付が待っています。食事楽しんだし、テーブルの蘭ももらって帰ってきたけどねぇ、毎年のお付き合いとはいえ、、、いえ、何でも。
楽しかったです。
[PR]
by NotsuOh | 2008-05-17 10:56 | 音楽と美術系

ちいさなクロちゃん。

いやぁ~、久しぶりに更新します。

寒色と暖色のパッチワークのような気温の変化が続いています。
日曜日はとても温かく、初夏を思わせる陽気でした。
くまっちと草むしりしつつ、一斉に咲いた雑草の花を小さな束にして楽しみました。

午後もゆったり、乙女だけの時間を過ごしておりました。
b0099010_11593440.jpg
ピアノの発表会の日程と、演奏曲目がなんとなく決まり、温かい日はくまっちの指導の下、猛練習しています。
そのうちの1曲はコレ!↓↓↓
b0099010_1222484.jpg
くまっちがいつもより熱心なわけです。

そこへお邪魔虫登場。はぁ(タメイキ)。
b0099010_12193938.jpg
くまっちは外にいるものと思って、XLが寝室のドアを開放したらしい。ベンチのすぐ後ろの、爪とぎボールへやってきました。

そう、いまだに、2匹は別々の部屋で過ごし、人間の監視無しに、一緒にしておく事はとても出来無い状況です(涙)。

ローリーは、最愛の人間の元へ走って来たものの、私のよそよそしい態度に首を傾むけ、っと、その次の瞬間にピアノの上のくまっちを発見!
b0099010_1293548.jpg

b0099010_12225636.jpg
どうしてもピアノの上に載ろうと、左手のキーボードの下から様子を伺ったり、足場の悪い膝の上に無理やり飛び乗るバカモノ。

ギロリとにらみつけるくまっち。負けるなぁ~!!!
b0099010_12244184.jpg
「アタチを讃える曲があるのよ。アナタにはないでしょ。ぷん。」ってなもんです。
b0099010_12262967.jpg

ローリーを引き離し、いつもの曲(Prelude 1, C Major、バッハ)を弾き始めたら、うっとりとしてしまった、ワル猫君。うっとり写真は、メモリーが無くなり取れなかったんだけど。

***
結局ひと月以上、風邪をひいていました。多分インフルエンザ、それが治るまえに風邪を。まだ咳が出ますが、もう時間の問題。止咳湯(漢方薬)を煎じて飲めば止まりそうだけど、「どれほど汚染されているか、かわからないから止めた方が良い」とチャイニーズのお友達に言われては。。。

お見舞いのコメント、ありがとうございました!
[PR]
by NotsuOh | 2008-03-03 12:01 | ねこたち

晴天・天晴れ

結婚式の当日、すばらしい晴天に恵まれたお二人。昨夜まで5日間続けて雨天だったのが、嘘の様です。

盛大なお式と披露宴でした。チャペルでの儀式の間、新郎新婦の左手に花嫁の付き添い(=メイド・オブ・オーナーとブライズ・メイド)が、右手には花婿の付き添い(=ベスト・マンとグルームズ・マン)がそれぞれ5人並びました。ここに並ぶのは兄弟や親友たちです。

この日の為に、揃いの衣装を新調するのですね。ブライズ・メードたちのドレスは、基本的には花嫁の好みで選ばれるので、2度と着られないようなデザインや色の物も多いそうですが、今回はシンプルなセージ・グリーン。
b0099010_432453.jpg

チャペルにはカメラを忘れてしまい、お式の写真はありません。これは披露宴の寸劇の時のもの。

お花はこんな感じ。右側が付き添いの子たちのブーケ。シンプルなラウンド。
b0099010_492657.jpg
ケーキの飾りつけはケーキ屋さんがされたそう。綺麗です。
b0099010_4104394.jpg
これが花嫁さんのブーケ。

お式の前までに、すべてのコサージやブートニアを留めてあげるのが私の担当でしたが、面識の無い人が多かったりで、これが結構大変だった。搬入されたブーケを点検する余裕は無かったヮ。(←言い訳)本当は茎ももう少し短く切りたかったし、リボンの長さも点検したかったけど。。。

話が前後して申し訳ないですが、チャペルでお父様に付き添われ、入場する花嫁の握るブーケを、その時初めてまじまじと見て、ちょっと驚いた。
ちゃんとドーム形に作った筈なのに、005.gif形が崩れてるぅ~!
温かい部屋に一晩置いた為、花が開き、表面の高さが違ってしまったり、フリージアも背伸びしてしまったのが原因です。

開いたバラの美しさに免じて、勘弁してもらおう。。。

末永くお幸せに!
[PR]
by NotsuOh | 2008-01-26 03:39

芸術の秋じゃ~

久々にコンサートへ行ってきました。

「テキサスでオルガン!」の知江美さんが、ご夫婦のお友達であるジェームスさんのリサイタルが、ヒューストン大学(以後UH)で有るよと教えてくださったのです。
ピアノの先生のハヤシさんと、XLとお邪魔しました。
b0099010_9334996.jpg
     休憩中の写真でジェームスさんはいません。

めっちゃよかったよ~!!!
1曲の中で、立ち昇る霞のようなやさしい音色から、ハリケーンのような凄まじいまでの力強さへ。でも、どんなに激しい演奏の中にも、ふか~く温かい優しさがあるのです、この方の演奏には。

じぃ~ん、でした。「どうしてこんな音がでるの?!」と言うぐらい、かすかな、でもしっかりとした優しい音色、アア、これね!ハヤシさんがよく、「天から降りてくる音を出して」とか「天使のベルの音で」と注文するのですが、こういう音ですね、やっとわかりました。でも、出来ませんから、諦めてください(笑)。

XLは2曲目の終わりに「Wow!」と叫んでました。ロック・コンサートの乗り。ショパンの曲だったんですが。(笑)

残念な事に、演奏後の歓談のチャンスが、ありませんでした(普通、お茶菓子を用意してる場合が多いのに)。ご挨拶には伺いましたが、あまりお話できず(私会話が乗るのに時間がかかるのです)、写真も撮りそびれ(私ってシャイ)、XLはご挨拶に伺いそびれ、、、。一緒の写真を送りたかったけど~。
握手してくださいました。とってもステキな方でした~。私、結婚してるんだワ、残念、と思ったほど(爆)。

知江美さん、ありがとうございました~。

後は余談ですが、
UHは私も通った学校。卒業して6年経つけど、なんだかんだと来る機会があります。サッカー・チーム、ダイナモのホーム・フィールドでもあるし、毎日のようにどこかで催し物があり、入場は今回のように無料のものも多いのです。(ただ、どこで何があるのか情報収集はむずかしいのです。)
会場は美術学部のビルの中。駐車スペースをみつけると、目の前にこんな車が。
b0099010_943042.jpg
   これ、K君の車なのです。携帯にかけると、他の催し物を見に来ているとの事。

リサイタルの前半が終了した後、XLがK君を探しに中庭に出ると、Kくんの奥さんのSちゃんが歩っていたそうです。
声をかけようとするXLに気づかず、休憩中のジェームスさんに歩み寄り「〇〇ホールはどこ?」と道を尋ねるSちゃん。当然ご存じないジェームスさんに、「誰も知らないんだかぁ!」と癇癪を起こしていたとか。
XLが保護して、どうにか目的のホールへ送ったようです。
ジェームスさん、怖いおねえさんでしたよね、ごめんなさ~い。


UHのホームページへ
キャンパス・マップへ
[PR]
by NotsuOh | 2007-09-22 09:27 | 音楽と美術系