タグ:ヒューストンから観光 ( 3 ) タグの人気記事

結婚式に出席してきました。

5月10日
ウチでよく預かるワンちゃん、ディンクの飼い主のジムとララの結婚式に行ってきました。
場所は、テキサス州の州都であるオースチン市の郊外のワイルドフラワー・パーク。午後5時に閉園し、それから準備が始まり、結婚のお式は7時から。
まだこの明るさ。日没は8時過ぎ。
b0099010_449369.jpg
当然のことながら花嫁は美しかったけど、フラワーガールズの可愛らしさもタメイキもの。
b0099010_4534918.jpg
特にチビっちゃいほどに。
b0099010_455236.jpg
お父さんはアラスカ州から駆けつけました。
b0099010_563045.jpg
式をつかさどっているのはシェリー。申請をすれば神父さんやジャッジでなくても儀式ができるのだそうです。
ドレスの上に羽織ったウエディング・ガウンが素敵で、いったいどこでこんなものが買えるのか?と思い聞いてみると、おばあちゃんがララのお母さんのお式のために作ったものなのだそう。
ララのお母さんは今は「ヒッピー」という言葉がぴったりだけど、さぞ美しい花嫁さんだったことでしょう。
b0099010_513716.jpg
式も終わった頃、陽が傾き少し涼しくなり、宴が始まりました。
XLはジムのベスト・マンとして身近な世話をやきました。私もちょっとお手伝いを。ハイヒールで走り回り、しばらく筋肉痛でした(笑)。

二人はコスタリカへ旅行中。ウチにはディンクがいます。
ジム、嫁さんに捨てられないように頑張って欲しいです。

ちょっと横道。ちょっとブチブチ。
[PR]
by NotsuOh | 2009-05-16 04:44

小旅行 その2(レミーに会う)

時間が開いてしまったけど、フレデリックスバーグの続き。
他にどっかへ行っていても良さそうな時間の経過だけど(笑)。

無計画な私たちが一泊旅行をする事になったのは、ジム(ディンクの飼い主)がララ(ガールフレンド)の誕生日の記念にと、3泊のヒルカントリー行きを企画し、私達もちょっとお祝いに行こう、という事になったのでした。
b0099010_12392696.jpg
この小さな石の家が、ララとジムの泊まった離れのお宿。1860年代に建ったとの事。
向こうに見える林に鹿の親子がいた!

石はこのあたりの地盤となっているもので、教会や裁判所など、この石を使った建築が目に付きます。

b0099010_12382985.jpg
2階にある寝室がかわいいぃ~。
見下ろすと、
b0099010_12443146.jpg
すっげ~かわいいぃ~。台所もお風呂場も絵本から飛び出したみたいでした。
同じ敷地には、ラベンダー畑が。
ちなみに私たちが泊まったのは、大通り沿いのチェーン店。何たる差!

私がどうしても書き留めたかった出来事は、夕飯を食べた山奥の「ヒルトップ」というレストランで起こりました。
隣のテーブルの人が、仔猫におすそ分けでもするように、身をかがめて手を床の方へ差し伸べたのです。
へっ?!とその方を見ると、ピンポン玉ほどの大きさの、ふさふさのねずみ色の毛玉がしっぽを引きずって走っていました。emoticon-0104-surprised.gif

悲鳴をあげたり、不快さを表すお客さんは無く、まるで予定されていた寸劇のように、ネズミ君は小さなバケツで取り押さえられ、捕まえた店員はお客の拍手をあび、お辞儀までして退場。
そして、ネズミ君は通りの向こうへ放されました。
そのネズミのお尻がかわいくて、すっかり忘れていた猫達のことを思い出した(笑)。

さて、今回の旅行で気づいたのは、私もXLも旅行上手ではない事。
私はタオルケット、シーツと枕カバーを持参。ポリエステルが入っていると、かゆくなるので(涙)。XLは自分のシーツじゃないと嫌だそうで、自分用を持ってきてました。
そして何より困ったのは食事。テキサスの片田舎ではお肉が中心で、野菜たっぷりの食事は無いと言っても過言でないほど。
水を買うついでに寄ったスーパーで、私が買った浅漬けのピクルス、帰りの車の中では奪い合いになりました。。。
[PR]
by NotsuOh | 2008-04-15 12:25

小旅行 その1(多分)

2ニャンを置いて1泊旅行へ行ってきました。
目的地はヒューストンから車で北西へ4時間ほどのフレデリックスバーグ。
街へ続く道路沿いにはワイナリーがいくつかあり、ワインの味見にちょくちょく止まりながらのノンビリ旅。
b0099010_11403099.jpg
↑いかにもテキサス、観光客目的がハッキリしすぎかなって感じ?!
b0099010_11561815.jpg
↑2件目のここはGrape Creekというビンヤード。遠くに広がっているのが、まだ葉が出ていない葡萄の木。もっとずっとステキな所なのですが、写真の出来が残念。
b0099010_1294273.jpg
↑3件目。2件目のすぐ隣のヴィンヤードは建物、雰囲気ともよく似てましたが、裏手に回ったらなんかテキサス。馬に乗ったカーボーイが出てきそう。

ちなみに味見は有料で、5-6種類ほど。どこへ行っても1口半ぐらいの量。弱い私でも2件こなせました(笑)。XLはまったく酔ってなかったようです。

フレデリックスバーグの街に着きました。
かわいらしいお店が並んでおり、ついつい覗いてみました。
b0099010_12304042.jpg

みつかった?
b0099010_12394633.jpg
家を離れても、あまり猫達の事は思い出さない私ですが、動物には触りたくなります。でもお疲れの模様のこの子には触らず我慢。

フレデリックスバーグはドイツからの移民が創った街で、今もヨーロッパの香りが強く残っています。
今はテキサスの観光名所として栄えていますが、街の中心を少し離れるとヒルカントリーと呼ばれる、乾燥した、でこぼこした地形。白っぽい地面(ライムストーンが地盤)にヒバの木が生えていますが、そういえば、そんな風景の写真は撮ってなかった(笑)。
アメリカに来て初めて住んだオースチンもヒルカントリーで、武蔵野のしっとりした緑が恋しかった私には、あまり好ましい風景ではなかったかな。
[PR]
by NotsuOh | 2008-03-24 11:22