タグ:テキサス ( 5 ) タグの人気記事

結婚式に出席してきました。

5月10日
ウチでよく預かるワンちゃん、ディンクの飼い主のジムとララの結婚式に行ってきました。
場所は、テキサス州の州都であるオースチン市の郊外のワイルドフラワー・パーク。午後5時に閉園し、それから準備が始まり、結婚のお式は7時から。
まだこの明るさ。日没は8時過ぎ。
b0099010_449369.jpg
当然のことながら花嫁は美しかったけど、フラワーガールズの可愛らしさもタメイキもの。
b0099010_4534918.jpg
特にチビっちゃいほどに。
b0099010_455236.jpg
お父さんはアラスカ州から駆けつけました。
b0099010_563045.jpg
式をつかさどっているのはシェリー。申請をすれば神父さんやジャッジでなくても儀式ができるのだそうです。
ドレスの上に羽織ったウエディング・ガウンが素敵で、いったいどこでこんなものが買えるのか?と思い聞いてみると、おばあちゃんがララのお母さんのお式のために作ったものなのだそう。
ララのお母さんは今は「ヒッピー」という言葉がぴったりだけど、さぞ美しい花嫁さんだったことでしょう。
b0099010_513716.jpg
式も終わった頃、陽が傾き少し涼しくなり、宴が始まりました。
XLはジムのベスト・マンとして身近な世話をやきました。私もちょっとお手伝いを。ハイヒールで走り回り、しばらく筋肉痛でした(笑)。

二人はコスタリカへ旅行中。ウチにはディンクがいます。
ジム、嫁さんに捨てられないように頑張って欲しいです。

ちょっと横道。ちょっとブチブチ。
[PR]
by NotsuOh | 2009-05-16 04:44

テキサスのワイルド・フラワーたち

4月4日
4月のテキサスといえば、州花であるブルーボネットが咲く季節。
今年は早めで、ヒューストン郊外では3月の初めごろから咲き始めました。土日というと用事があって、なかなかお花見に行けず、諦めつつブレナム方面行って見ると、まだ咲いてました。
本来雑草だそうですが、保護と他の雑草が生えるのを防止する目的で、種を蒔いていると聞きました。法律で保護されていて、摘むのを見つかると罰金だそうです。
b0099010_650860.jpg

b0099010_6512194.jpg
b0099010_654228.jpg
b0099010_654495.jpg
b0099010_65579.jpg
b0099010_6553049.jpg
高速道路のすぐ脇に咲いてます。
b0099010_6561144.jpg

ブレナムという小さな街には、ブルーベル・アイスクリームの工場が有り、平日は工場見学が出来ます。土日は見学できませんが、売店には何種類ものアイスクリームがあり、大きなカップが$1です。
[PR]
by NotsuOh | 2009-04-18 06:43

停電11日目に突入。。。

いただいたメッセージにお返事が遅れており、ごめんなさい!

9/13にハリケーン・アイクが通過し、それ以降、我が家は停電が続いており、家からのアクセスが出来ません。
私がよく行くガルベストン島の被害はとても大きく、いまだ限られた住民しか島に戻る許可が取れない模様です。

家には電話、水道、ガスは来ているので、あったかいシャワーも使えるし、料理もなんとかできるし、結構快適です。旅行先ではテントを張って2泊しましたから(笑)。

もか家はみな元気です。
取り急ぎ、ご連絡まで。
もか
[PR]
by NotsuOh | 2008-09-23 12:56

テキサスのワイナリー

3連休だった先週、郊外のワイナリーへ行って来ました。
b0099010_4212899.jpg
お天気を気にしつつ、こんな田舎風景の高速道路を北の方へ1時間ちょっと。
カレッジ・ステーションという街の近くの「Messina Hof Winery & Resort 」へ。
高速道路を降りて、普通のおうちがあり、畑っぽくもあり、という道を3回ほど曲がると不思議な事にヴィンヤードが現れます。
b0099010_4341816.jpg
既に収穫の終わった葡萄畑。
b0099010_426685.jpg
いかにも「歓迎~」なこの建物にはワインの味見バーと売店、そしてレストラン、裏手は上の写真のヴィンヤード、右手が工場となっています。
b0099010_4324835.jpg
バタフライ・プランツの花にテキサス州の蝶「モナーク」が。左手が宿泊施設。

ワインの製造工程を見せてくれるツアーはパスして(笑)、お味見の方へ直行。
5ドルと10ドルのコースがあり、どちらも20種類ぐらいある中から、4種類の味見が出来ます。
今日のおねえさんは(おねえさんの写真を撮っておけばよかったぁ~。)グラスに半分ぐらい注でくれる大判振る舞い。私は2杯目の味見で既にフ~ラフラ~。

「Paulo」と名の付いた赤ワインを選びました。注がれる液体の色が輝き、宝石のように美しく、うっとり。ワインに全然興味無い私が飲んでもかなり美味しい~。一本45ドルだそうです。
b0099010_444226.jpg
今の所ハズレの少ないマスカットのワイン$10なりを求め、外のテーブルで開けました。

ちょっと信じがたいけど、テキサスにはなんと100以上のワイナリーが有るそうです。

私、お酒は弱く、どうもアレルギー体質(と、良く人に言われる)。
グラス1杯程度でヘモグロビンがアルコールと仲良くなるようで、いくら息をしても酸素が入って来ない感じになります。しかも晩には胃痛。逆流かと思ったけど、ラベンダーのエッセンシャル・オイルを腹にべたべた塗ったらラクになり、眠ったらすっきりしました。ホォ~。
[PR]
by NotsuOh | 2007-10-14 04:10

ブルーボネット

テキサスの州花はブルーボネット。
ルピナスの仲間で、確かに葉っぱの形も似ていますが、独特の匂いはありません。(ルピナスって臭いですよね?)
b0099010_1223092.jpg

今年は例年より早く、しかも近くの土手を埋め尽くすように咲いています。

私が初めてテキサスに来たのは、花のすっかり終わった夏だったのですが、お土産売り場などでこの花の絵が描かれたマグカップなどを見かけ、ちょっと拍子抜けしたのを覚えています。

テキサスのイメージってカーボーイと巨大なサボテンですよね。

ここでいくつかの春を迎えると、この花は日本の桜のような花なのだと思うようになります。ただし花が連れてくるのは春ではなく、夏です。
[PR]
by NotsuOh | 2007-03-25 12:21