旅行2日め。

9月12日
テントで目覚め、「さむう~い!」と伸びをした指先がテントに触ると、結露が凍っていた!どおりで地面が冷たかった。
十分なキャンプ道具も用意せず、快適な一晩ではなかったけど、夜中に聞こえたヘラジカのビューグル(遠吠え?)がなんとも神秘的で、またテントに泊まりたいと思いました。

朝食の予約が7時にJenny Lake Lodgeで入ってます。出発前に偶然友達夫婦が来ているのがわかり、食事の約束を。(ここのご飯、とっても美味しかったです!)
その道中、ヘラジカの群れが道路を渡っていました。車を停めて窓を開けると、立派な角を持ったオスがあの声で鳴いていました。

前日のハードな山登りからのリカバリーには、フェルプス湖畔のハイキング・コースが良いだろうとのパティのお薦め。良くわかってるぅ~。
b0099010_12585055.jpg
    ハックルベリー・ポイントでの1枚。鱒を釣っているそう。
昨日痛めた膝が曲げられない。それでも貴重な自然に囲まれていたい!
平坦な道に物足らなそうなXLと途中で別れ、湖を見渡すポイントで落ち合うことにしました。

昨日はラズベリーのような赤い実を食べつつ、今日はハックルベリーというブルーベリーに似た実をつまみながらの山歩き、たまりません。

*****
お猫ホテル:「くまっちはとっても人懐こいですね(←ゲンキンなくまっちらしい。)。今ナデナデしながら電話してます。代わりますね。・・・、<イッタイ、ナニヲハナセトォ~>・・・ローリー君はとっても恥ずかしがり屋で、トンネルから出て来ません。」

トンネルというは2階建てのケージの1階に着いており、その先にトイレが置いてある。
くまっちが靴の箱が好きなのに、持参するのを忘れたと言ったのを覚えていてくれ、靴箱をケージに入れてくれたそう。
ローリーの事はちょっと心配。裏切られたとでも思っているのか。またDV猫に戻っていたらどうしよぉ~。

ハリケーンは進路を変えない。。。。どうやら明日の早朝に上陸。。。

パティたちは土曜日に帰る予定を、月曜か火曜に変更するとの事。
[PR]
# by NotsuOh | 2008-10-10 12:35

遅くなりましたが、旅行中の話など (1日目)

ご無沙汰しております。
皆様にはご心配をおかけいたしました。
あたたかいメール、大変ありがとうございました!

ジャクソンホール空港へと出発したのは、9月11日の事でした。
ハリケーン・アイクは依然進路を変えておらず、このままでは直撃。出発前の水曜日は「どこへ逃げるか?」という事が職場での話題でした。
「旅行の予定と重なってラッキーだね」という声もかかりましたが、一度家を出てしまえば、家を守ることは出来ず、はたしてこの家に帰って来られるのだろうか?となんとも複雑な気持ちでの出発でした。

********
9月11日
下調べもしそびれ、どこへ飛ぶのかもキップを見るまで知らなかった(笑)。飛行機を乗り継いで着いたのはこんな空港。
b0099010_11132034.jpg
いきなり山!!!感激ぃ~。
ハリケーンの心配など吹っ飛ぶ。
旅行を存分に楽しもうと思いました。(だって帰ったら何が待っているかわからないもんね。)

レンタカーは空港前の青空駐車場に置いてあり、ゲートなども無く、そのおおらかさにちょっと面食らう(笑)。こんな小さな空港で夏の観光客をどう捌いているんだろう。

まずはキャンプ場の確保に向いました。案内所には「グランド・ティトン国立公園」と。ここで初めてイエローストーン国立公園とは繋がっていると知った次第です(恥)。
b0099010_11331948.jpg
ジェニー・レイク・キャンプ場からの眺めはこんな感じ。
とがった山々はフランス人の猟師には女性のムネ(ティトン)が一番適したたとえだったんだろうなぁ(笑)。
b0099010_11395978.jpg
キャンプ場は当日早い順で、前日は2時に完売だったというので、宿泊費節約の為バタバタと動きました。
1件のキャンプ場には駐車場、ピクニック・テーブル、BBQグリル、テントを張る場所があり、いわば一件の家のようでした。とってもアメリカ~ン。てっきり荷物背負って歩くのかと思ってた。ああ良かった。

ここに車と荷物をおいて、グランド・ティトン山を眺めるハイキング・コースへ向ったのですが、4日間の山歩きで一番きついのがこのコースでした。
これはほんと失敗。標高の高さに肺だって慣れてないし、険しい登りとゴロゴロ突き出た岩や石に躓きながら、終いには右膝の外側の筋を痛めてしまいました(泣)。
b0099010_1221953.jpg


*****

さて、お猫さまは初日の1泊をどう過ごしたのでしょうかと、XLが猫ホテルに電話してみる事にしました。預けた時に「是非毎日電話してください。」と言われたのだそうです(笑)。
ホテル:「2匹とも、ご飯を少し食べ、お水も少しですが飲みましたよ。まだショックでしょうが明後日になれば大丈夫。くまっちは今朝ウンをしまたよ(さすがくまっち、スケジュール通り!)。ローリー君はまだですね。お話しますか?」

ハリケーンは進路を変えておらず、どうやら直撃しそうで、ほとんどのお店も閉めているが、ホテルには発電機も有るのでご心配無くと言われる。
[PR]
# by NotsuOh | 2008-10-10 11:01

復旧しました!

週末に電気がつきました~。
ご心配おかけしました。
[PR]
# by NotsuOh | 2008-09-30 22:45

停電11日目に突入。。。

いただいたメッセージにお返事が遅れており、ごめんなさい!

9/13にハリケーン・アイクが通過し、それ以降、我が家は停電が続いており、家からのアクセスが出来ません。
私がよく行くガルベストン島の被害はとても大きく、いまだ限られた住民しか島に戻る許可が取れない模様です。

家には電話、水道、ガスは来ているので、あったかいシャワーも使えるし、料理もなんとかできるし、結構快適です。旅行先ではテントを張って2泊しましたから(笑)。

もか家はみな元気です。
取り急ぎ、ご連絡まで。
もか
[PR]
# by NotsuOh | 2008-09-23 12:56

ハジメテノココロミ。。。

明日から4泊で、イエロー・ストーン国立公園へ行って来ま~す!

いつも留守中の猫たちの面倒を見てくれる、ララとジムはバリ島へ行っていて、二人が帰ってくるのは、私たちと同じ月曜日。

仲の悪い猫たちを同じ部屋に残して行くわけにもいかず、やっとXLを説得して、今回はホテルに預けてみる事にしました。そんな決断をしたのが一昨日の夜。そしてホテル探し。XLのネットサーチと電話面接に合格した、あるキャッツ・オンリー(猫だけ)のホテルに予約をしたのが昨日。

予防注射の期限が切れていては、パティオに行けないというので、今朝は獣医に連れて行きました。これで3日後にはパティオに出られるそう。と文字にすれば簡単なことですが、大仕事でした(汗)。

2匹を車に乗せて、車を走らせると、まずローリーが、喚きだしました。それに合いの手をいれるくまっち

ギイヤァアオォォおォォ
アウ。
ギイヤァアァオォオォォォ
アウ。
ギイヤァアアアオォオォォォォ
アウ。
これが延々続くのです・・・

お話をしたり、歌をうたったりしてみましたが、まったく泣き止まず(落涙)。
猫を乗せている時はいつもより慎重な運転を心がけますが、すっかり2ニャンのペースにはまり、自分が何をしてるのか、どこを目指しているのかわからなくってきたぁぞぉお!!!

どうにか事なきを得、家に戻り、午後XLがホテルに護送しました。
猫のいない夜。悲しいのは勿論、とっても不思議な感じです。
[PR]
# by NotsuOh | 2008-09-10 21:07 | ねこたち

ハリケーンの影響

海辺歩きに行ってきました。
今朝テキサス州の東側のお隣、ルイジアナ州にハリケーン・グスタフが上陸し、ガルベストン島もその影響を受けて高い波が立っていました。
b0099010_116227.jpg
ビーチに着いたのは9時少し前。このサーファー達は場所の移動かな。
ハリケーンは左巻き。西側となるガルベストンでは弱い陸風が吹いていました。
b0099010_11101117.jpg
左下の白い鳥の英語名は、グレート・イグレット。ってそれ何だろう?
手許に英和辞典がなく、和英で「鷺」を引いたらHeron、「鶴」はCraneだしねぇ(笑)。今まで海鳥に興味など、全く無かったのだなぁと改めて思いました。

海岸の満潮線にはたくさんの海草と、大きな流木が揚がっているものの、拾って帰りたい漂着物は、しゃがんで目を凝らしても無さそうでした。ハズレ日でしたねぇ。

人工の岩場近くに車が、と思ったら砂に埋まってます。
b0099010_11292345.jpg
夜明け前にでも来て、動けなくなったのかな。
ところが、数歩先に、女性用っぽいベルトつきのジーパン、ぶら、サンダル、なんとカバンまでが散らばっているのです。どれも波をかぶっている感じ。
怪しい杉ぃ~。
足早にその場を去りました。

こんな日は海辺の植物の写真でも。
b0099010_1147970.jpg
Silverleaf nightshade。これはウチの裏庭にもはびこってます。棘が有ります。毒草だと聞いていましたが、今回調べたらこの植物、ジャガイモの仲間。そういえば花がそっくり。毒の成分はソラニンです(納得)。
b0099010_11501215.jpg
これは何だろう。月見草の仲間でしょうね。>オイ自分、探求しないのかい。
b0099010_11522331.jpg
これ勿論サボテン。英語名はSouthern Prickly-pear(=棘のはえた洋梨)。実は熟すと食べられます。いぜん食べたら、種が多く薄甘いだけで美味しくなかった。
どんなところに育っているかといえば、
b0099010_11571122.jpg
どうもお疲れさん、と声をかけたくなるようなこんな場所。この土手を下るとすぐ海です。

海岸を引き上げたお昼前は、路上駐車上はサーファーの車でうまっていました。陸風がさらに強くなってきて、浜歩きは限界でした。砕けた波は海側になびいていました。
今日の収穫は、変色したサンダイアル(始めての収穫)、ブラウン・ニッカーナッツ、ヒッコリーの実と面白い形の石を各1個づつでした。
[PR]
# by NotsuOh | 2008-09-01 21:57 | 海岸歩き系

僕のもの

私が朝家を出る時、「じゃぁ、またねぇ~」と陽気に飛び回っているくまっちとは対象的に、ローリーは、悲しげな、少し怒ったような顔で、そっと床に伸びてます。
そして出かける寸前にドアに来て、嗚咽か?!というほどの切ない喚き声を上げるんです(涙)。
「一緒に出かける!」と主張してるのかもしれません。
時々、細く開けたドアから脱出します。

ちょっと時間が有ったので、脱出した後どうするのか、カメラで追っかけました(笑)。
b0099010_12371477.jpg
車とその周りの匂いを嗅いで、
b0099010_12342264.jpg
この静止画像ではわかりませんが、シッポを小刻みに振っています。
b0099010_12392994.jpg
シッポ45度ほどの角度に真直ぐに伸ばして、ふりふりふりふりぃ~。
b0099010_12402494.jpg
最後にも一度、ふりふりふりふりふりぃ~。
後ろのバンパー、全体にスプレーした後、玄関に戻って行きました。
ちなみにスプレーは空っぽのようです(笑)。
[PR]
# by NotsuOh | 2008-08-26 12:19 | ねこたち

季節の変化を感じます

久しぶりのビーチコーミングです。
せめて世間の夏休みが終わるまでは、もう来るまいと思ったのですが、今年まだ泳いでいなかった事を思い出して(笑)。

とはいえ、やはり少し浜歩きをしなくちゃと、いつもの西の浜へおりると、海が多少荒れたいたのがわかりました。これが季節の変わり目なのかなぁ。

今日の収穫は予想もしていなかったもの。
b0099010_1343554.jpg
バケツに張った水にプカプカ浮いています。軽石たち。
左の淡いレモン色のは、硫黄か何かなのか、調べが付いてません。
石の本も必要だ。
トグロコウイカ(白い渦巻き)が一つ、見えますか?
b0099010_13495077.jpg
豆の類が豊富でした。
下段左の黒いのは、Mary's beanの裏側。その隣の茶色いの2つは、Brown nickernuts。この後、ちょっと磨いたらつるリと綺麗になりました。南の島ではこの種をアクセサリーにしたり、マンカラというゲームに使ったりしたそうです。
このほかにモモタマナや胡桃や、いかにも種らしいものもたくさん見ました。

もっと見る?
[PR]
# by NotsuOh | 2008-08-17 13:34 | 海岸歩き系

とんちんかんな日、とでもいうか。

あほやな、お前!と言われそうな話です。

先日、タロット占いをしてもらいました。今まで運勢を見てもらった事は全く無く、ちょっと聞いてみたかったという好奇心。
待ち合わせた場所は、パネラという、スタバのような喫茶店です。
b0099010_447256.jpg
     「で、二人っきりで?!」

お店が空いていたせいで、店員さんに会話が聞こえているらしく、興味津々なのがわかって面白かった。

店:「ブラウニーどうですか?」と大きなトレイをかかえてやってくる。
も:「タダなの?」
店:「ハイ!」

しばらくして、
店:「パンがいろいろ余ってるんですが、食べます?」と違う人。
占:「閉店時間?」
店:「いえいえ、閉店までにはまだ2時間以上あります。」

ちょっと横道にそれた(笑)。
事の始まりは、私のオーラは複数色で、それは心に壁があり、自己表現が出来なくなっているのが理由と言われ話の続きが聞きたかった。
ブログもそうだけど、絵をやってた時にしても、表現したい事があるのに、うまく表に出せない所にフラストレーションが有り、そんな壁なりバリアが「ぱりっ」と取れないかなぁ、なんて安易な気持ちがあって(笑)。
b0099010_5222189.jpg
     「そんなに簡単なら、世の中芸術家だらけだよ。」

わかってるけど、ピカソの絵なんか人生のバイプロダクトのようで、羨ましい。

占い師は20年のベテランだそうだけど、なんか共感する点ゼロでした。何かが当たっていると信じたいと努力したけど、友達にも「ぜ~んぶハズレじゃぁん!」と言われ、ほんとその通りだ。

b0099010_6131157.jpg
     「無事お帰えりで何より。」
占いの終わりに、このあと数日、どんな夢を見るか注意してごらん、と言われた。
昨晩は会社でピアノの練習をしている夢、その前日は家でピアノを弾いていて音がこもっているなぁと不思議に思う夢、その前日もピアノの夢だった。
この夢判断は私にだって出来る。本業が学校の教員の先生は、長い夏休み中で一時帰国中。予定より滞在が長くなっているけど、すぐ帰ってくる。休みに入る前に二人で6曲を課題に選んだのに、全然練習が進んでないんです。

大人になっても夏休みの終わりはやって来るのね。
[PR]
# by NotsuOh | 2008-08-16 04:15 | 食べ物系

あづいです。

2週間ほど前から、日中の体感温度は40度ほどの日が続いています。夜になっても気温が下がらなくなり、暑いのなんのって!酷暑という言葉を噛みしめています。

この猛暑のさなか、松は実を太らせてます。
b0099010_7545249.jpg
まだ緑色のマツボックリを、リスが剥がしてバリバリ食べます。くまっちの足元に散らかっているのが、木から落ちてきたそのカス。
b0099010_751840.jpg
サンダルが脱げたりすると、とげが刺さって痛いのなんのって。
くまっちの足の裏は厚いのね。

こうも暑くて、夜も冷房をオンにするようになりましたが、これが問題!自動設定しても、かなり寒くならないと止まらない、そしてかなり暑くないと作動しないのです。エアコンが古いせいもあるけど、アメリカ産とはこういうものなのね。毛布を引っ張り上げたり、蹴りおろしたり。睡眠ブツギリィ~。
b0099010_8102110.jpg
熱帯夜の初日はとても寒い思いをし、翌日、つい薄手の毛布をポチッとし、その数日後はNASAのために開発されたという綿毛布をオーダーしてしまいました。どうにかもう少し快適に眠りたいのです。

猫は新しいもの好き。早速のって毛づくろい(涙)。
b0099010_8162722.jpg
綿毛布は温度調節をするらしい、でもアメリカ産だぁ(珍しくはあるけど)。快適な温度調節はは期待できないね(笑)。
数日使った結果は、タオルケットに比べ、確かに通気は良い感じ。通気のよさではもう一枚の薄手毛布も悪くない。ただウールカシミア混なので、触った感じが暑苦しい。。。綿毛布は自然素材じゃない点が気になる。
やはりガーゼ素材が快適か。。。
快適睡眠グッズのサーチは続きます。
[PR]
# by NotsuOh | 2008-08-10 07:47