わからない、、、

やっといつもの海へ行ってきました。
6時半に起きて、ボヨヨ~ンの頭で1時間の運転は辛かった。でもハリケーンが近くを通過した後の浜を思うと心も躍る。
b0099010_6133231.jpg
   二匹の犬に散歩を強いられる飼い主
b0099010_617031.jpg
     海を背に、陸側はこんな感じ

ところが、波は高めなんだけど、浜にはな~んにも落ちてない感じ。アサガオガイの漂着を予想させる、銀貨クラゲもカツオノエボシも皆無。

あきらめて、今日は人工の岩場(コンクリートなどが積み上げてある)で時間を取ってみる事にしました。
b0099010_6213520.jpg
この目で、水の中でヒラヒラするイソギンチャクを見るのは、初めてじゃないかと思う。
b0099010_623691.jpg
上のは幅10cm以上、下のは5cmちょっとな感じ。
イソギンチャクは英語名は「シー・アネモネ」。海のアネモネ。生き物が苦手は方はお花を想像してみてください(笑)。

取り囲むコンクリートのブロックは牡蠣に覆われていて、会話でもしているように、ピュ~ゥっと、水を飛ばしあっていました。
アリスだったっけ?牡蠣がお話してるのは。

この岩場ではRocksnailなどの巻貝を見つけました。
以前はそんな収穫は無かったので、これがハリケーンの恩恵なのかもしれませんが、わかりません。
b0099010_6314239.jpg
名前:黒っぽいホタテを中心に時計回りに。
Rocksnail(巻貝x2)、Mossy ark(黒い2枚貝x1)、Marsh periwinkle(小さな巻貝x2)、White baby's ear (白い平たい巻貝)Striped falselimpet、Cross-barred venus clam(2枚貝x3)、海豆(Sea purse, Dioclea reflexa)、Lettered olive(マクラガイx2)、Lightening whelk(残念ながら、おもいっきりカケラ)。


Cross-barred(タテ、ヨコに線があるという意味) venus clamを見つけた時、「はながい?」と思いましたが違ってました。どれもずいぶん磨耗などが進んでいますが可愛らしい貝殻で、とっても好きです。

荒れた海岸を想像してたのですが、ちょっと違ってました。


[PR]
by NotsuOh | 2008-07-27 19:04 | 海岸歩き系
<< あづいです。 Busu-Busu-Busu >>