4回目のピアノの発表会 

日曜日の午後、ピアノの発表会がありました。

緊張するし、ハズカシイし、大人のお稽古事に発表会など無くたって、とも思うのですが、やはり、披露するための練習をしないと、自分の腕前をひっぱり上げてやれないようです。前回は一時帰国と重なってしまったので、これは実感。
b0099010_1135296.jpg
なんか左足の位置がヘン?

XLが3枚写真を撮ってくれたのですが余計な事を、どれも目が楽譜しか見てません。
しかも右腕に輪ゴム。。。

緊張の後のお楽しみは、食事!
b0099010_11123810.jpg
ちなみに今回も会場は、先生が教えている生徒さんの御宅。
高級住宅街にある豪邸で、毎日フルタイムでメイドさんが来ているそうです。
別世界じゃぁ~。

レッスンメートのひろしくん夫妻が持って来てくれたお寿司は大人気でした。
b0099010_11114971.jpg


今回は会場となったお宅の近所に住んでいる、ジムとララが来てくれ、この後、彼女達の招待でChildAdvocates主催のパーティーへ行きました。
この団体は、様々の理由で親に恵まれない子供の養子先をさがしたり、親が立ち上がれるように手助けしたり等、子供を救うための活動をしています。
毎年5月のこのパーティーは、目標とする寄付額を一挙に集めるのが主な目的。パーティ券は有料、主な催しはライブ・オークションです。
毎年、子犬が1匹、オークションに出ます。この子は$95,000(一千万円弱)で落札されました。
b0099010_1258381.jpg
お披露目の間、スヤスヤ眠っていました。
b0099010_12544351.jpg
パーティー会場はプロ・フットボール・チーム、テキサンの練習場のドーム。入り口には回転ドアがあるのですが、入る時、耳がキーンとして、気圧の違いを実感します。

サイレント・オークションも有り、こちらは品物、または落札する内容(食事券とホテルの宿泊など)が表示してあり、あらかじめ登録した自分の情報の入ったバーコードを貼って行きます。
b0099010_131669.jpg
良心的な値段から始まるのですが、あっという間に実際の額の倍以上の値段が付いてしまいます。寄付なのだから、好ましい現象ですが。。。

去年はライブ・オークションの「ハンバーガー・パーティー」に4百万円ほどの値段がついて、かなり盛り上がったのですが、今年はアメリカの経済を象徴するかのように、静かなオークションでした。
テーブルに着くと、ほぼ強制的に一口$144の寄付が待っています。食事楽しんだし、テーブルの蘭ももらって帰ってきたけどねぇ、毎年のお付き合いとはいえ、、、いえ、何でも。
楽しかったです。
[PR]
by NotsuOh | 2008-05-17 10:56 | 音楽と美術系
<< 正解は、 お遊びじゃなかったのね。 >>