メニル・コレクションという美術館

10年近くヒューストンに住みながら、街の事にはあまり詳しくない、というか、ヒューストンネタはあまり面白くないから書く気はなかったのですが、、、
フォトジェニック(=写真映りが良い)でおっかしな事をたくさんしていた、シマくま君亡き後柱を欠いてしまった感も有り(くまちゃんの写真は難しいし)ちょっと市内の事等をぽつぽつと書いて行こうと思います。
b0099010_1610326.jpg
     練習はいいのかい?と言っているらしい。

***
会社は3連休です。
お天気も良いし、XL夫は仕事だし、何処にも行かないのはもったいない。こんな時にひとりぶらりと足を向けるのがこの美術館。
b0099010_1531668.jpg
入り口から東側の感じ。関空もデザインしたイタリア人の建築家、レンゾ・ピアノ氏による建物。屋内は外からの採光が有り、明るく柔らかな感じがとても素敵な美術館。

入場無料とはいえ、コレクションのすばらしさは拍手喝采もの。
各国の遺跡からの発掘品を集めた部屋もありますが、20世紀の作品が多いです。頭が痛くならない程度の展示数というのもグッド。

シュールリアリズムの部屋には、キリコ、マルグリッド、エルンスト、マン・レイ、私の好きなタンガイ(Ives Tanguy)などの作品複数づつ。
20世紀の部屋には、ピカソ、レジェ、ジャスパー・ジョーンズ、ウォーホール、ピカビアなどなど。作品は常に少しづつ入れ替えているようです。特別展示もあります。
Rothko、CT.Twombly(別館)はいくつもの作品があり、特に別館はさらに人が少ないので、床に座り込んで観賞も出来ます。

NYのMOMAに行ったXL夫と私の感想は同じ。「メニルのコレクションに似ているけど100倍ぐらい混んでいて騒がしくてしかも高い!」とはいえ、MOMAにはまた行きたいけど。
b0099010_1528109.jpg


結婚前、夫の家族にご挨拶する為、ヒューストンを訪れた際、この美術館によりました。隣接する公園(空き地?)にはベンチがあり、木の枝をリスが走っていったり、鮮やかな鳥がやってきたりするのを飽きずに眺めておりました。私はそのベンチに、クレジットカードとトラベラーズチェックと現金の入ったバッグを置いて来てしまったのです。(ほんと、馬鹿よね。あきれる。)
でも、有りましたぞ!ちゃんと美術館のデスクに届けられておりました。
届けてくれたのはあの人だと、分かっています。立ち上がって、歩き出した時に私達の方へやってきた人。よく晴れた日で笑顔を交わしたあの人!
美術館の人がくれた連絡先に、お礼のカードを送りました。もうその連絡先もわからないけれど、この美術館へ来る度鮮明に思い出し、「ありがと!」とつぶやいているのです。

The Menil Collection
1515 Sul Ross Street
Houston, TX 77006
www.menil .org

West Alabama ST.側に無料駐車場あり。
月火はお休み
[PR]
by NotsuOh | 2007-02-18 15:21 | 音楽と美術系
<< バレエと相撲の共通点は? ロデオだそうです。 >>